友達におすすめのプレゼント

大切な友達へのプレゼントはとても迷います。しかし、出来れば、形として残らないものが良いでしょう。人それぞれ好みがあり、部屋のインテリアを統一している場合も多く、部屋の雰囲気に合わないものを渡すと困る人も多くいます。せっかく、もらったプレゼントを捨てることもできず、置き場所に困ることも十分にあり得ますので、形として残らないものを考えるのがおすすめです。

例えば、好きな飲食店の予約をして、一緒に食事を楽しみ、その代金を受け持ったり、友達が好きなお菓子などの食べ物をリサーチしておき、それがとてもおいしいお店で購入したものを渡すなどすれば、友達も喜んでくれるでしょう。もし、形として残るものをぜひ渡したいと思う方は、事前にどのようなものが欲しいか聞き、友達が欲しいものをプレゼントしましょう。

あとプレゼントする価格ですが、高すぎても安すぎてもよくありません。高価なものを渡すと相手には負担になり、それ相応のものをいつか返さなければと思い、プレッシャーになってしまいます。相手の金銭感覚を考えながら負担のならない程度のものにしましょう。
友達にプレゼントする際には、ぜひ手書きのメッセージを添えてください。日ごろ、メールやSNSなどで連絡を取り合うことがほとんどですので、手書きのメッセージを添えるだけで、単にプレゼントを渡すよりも気持ちが伝わります。
長年のめったに会うことのできない友達なら、この際思い切って、思いのこもった長めの手紙を書いてみませんか。少し恥ずかしいですが、遠距離であまり会えなくても、心のこもった手紙をもらえば、距離がぐっと近づきます。

日ごろ、よく会う友達なら、短めの手紙をさらっと書いて渡すのが良いでしょう。どちらにしても手書きがポイントです。日ごろ、手書きの手紙をもらうことが少ない分、大好きな友達から手書きの手紙をもらうのはとてもうれしいものです。
高齢の方だと絵手紙などのやり取りでコミュニケーションが深まるなんてこともあるようです。77歳になった家の祖母も、最近絵手紙を始めたらしく文章を考えるのが楽しいそうです。やはり何歳になっても気持ちのこもったメッセージは今以上に、良い関係を築くことができるものなのでしょう。